横浜DeNAベイスターズランキング

プラスビー!!

ベイスターズ応援ブログです。I☆YOKOHAMA!!

#010 小型補強は信頼の証!!

春季キャンプもなんだかあっという間に終わりましたね。

2月27日に無事に打ち上げ、元々故障を抱えていた選手以外に負傷者はナシ!

現時点ではいいキャンプを送れたということで一安心。

 

実戦でも7戦4勝3分と無敗で過ごしたことで、良いイメージをもってオープン戦に望めそうです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

キャンプのMVPに投手陣からは今永投手、野手陣からは神里くんが選出。

代表の試合もあるんでまだ公言はされていませんが、これは事実上開幕投手に指名されたって事でいいのかな??

初の大役を任されるとしたら、“今季は”エースという立場で過ごすことになるでしょう。“チームの”エースとしてみるならばやはり3年は安定した成績が欲しいもの。

現状の若い投手陣には、何年も続けて安定した結果を残した先発がいないので、是非ともタフで頼れるエースを目指してください!!

 

神里くんはクワの不調もあって開幕は1番打者として迎えそう。長打も期待できるようになった神里くん、“強く振れる選手”として大いに期待しています!!

120試合以上、打率.280、出塁率.330、15本、30盗塁ぐらいは軽く期待しちゃってます、怪我せず1年過ごせたら充分可能な数字だと思うんで頑張って下さい!!

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

さてストーブリーグであまり動きのなかったベイスターズ

他球団はFA移籍や新外国人、期待のルーキーなど、新加入の選手で盛り上がっています。それに比べたらドラフトで加入したルーキーに加え独立リーグから復帰の古村投手、戦力外から入団の中井選手、謎すぎる育成枠助っ人コルデロ投手だけ。

 

なんだか寂しい気もしますが、現有戦力にそれだけ信頼をしている証拠としてもとれるでしょう!!実際キャンプでは飯塚投手、京山投手、阪口投手、上茶谷投手と右投手の先発候補が続々アピール!!

井納投手も予定より復帰が早そうなので、左腕カルテット以外に計算できる投手が増えたらとても頼もしい投手陣が完成します!!

というよりも、昨年は100イニング投げたのがくんただ一人と、まさしく崩壊状態だった先発陣。今季は面目躍如、名誉挽回のシーズンにしてもらわないと困ります!!

 

 

 

一方野手はというと、新フォームに手ごたえありの筒香選手、二年目もまったく問題なさそうなソト様、もちろんチャモさんに宮崎選手など主軸は順調な仕上がり。強いて言えばクワが1日から二軍への合流が発表されたのが気がかり。

 

しかし定位置奪取に燃える選手たちは、主軸以上にキャンプで好調をアピール。佐野選手、楠本選手、細川くんら外野陣は、梶谷選手の調整遅れにクワの不調となれば、これはまたとないチャンス。それぞれが昨年までと違うぞとアピール、特に起亜タイガース戦では10点差を逆転する粘り強い攻撃!

なんだかそれぞれの気迫を感じる試合でしたね。

 

昨年までは不調な選手を外せないままでいたり、オーダー組むのに難儀したり、バックアップの選手が頼りなかったり…そんな一年を過ごしたベイスターズは、あえての小型補強。

 

 

何故かってそりゃ信頼ですよ、信頼

 

 

チーム自体が力をつけています。着実に。

 

 

クワが不調ならファームでしっかり元から修正、時間を与えて戻ってくることを信じて。その間、他の選手がチャンスに飛びつくからこそ競争が生まれチームが育っていく。現に神里くんは1番定着をギラギラした目で狙っているでしょう。

 

筒香選手が抜けたときの筆頭候補になりたい細川くんも佐野選手も、今季のうちに出場機会を増やしておきたいでしょう。若手やルーキー、昨年はファーム生活が長かった選手も、みんなそれぞれ信頼されているんです。

 

 

関根くんもニコラスも早く出てこないと居場所無くなるよー、ドラフト上手になってきているので、良い選手どんどん入ってくるしチャンスは自分から掴みにいかないと!!

 

 

1人1人の選手たちが各々レベルアップをすれば…

 

 

それぞれの限界を超えたら…

 

 

“Go Beyond the Limit.”

 

 

限界を超えろ

 

 

それは選手を信頼している、何よりの証。