横浜DeNAベイスターズランキング

プラスビー!!

ベイスターズ応援ブログです。I☆YOKOHAMA!!

#003 今シーズンの投手陣にポジポジしよう!~先発編~

 

もう開幕が待てません!!

早く野球が見たい!横浜スタジアムに行きたい!我慢できない!

そんな思いを胸に今シーズンの投手陣の仕上がりを目いっぱい早く、

ポジり倒しておきましょう!!

 

☆まずは先発陣からご紹介!!

 

1.東 克樹くん!!

www.baystars.co.jp

昨シーズンはルーキー離れした圧巻のピッチングで、見事新人王を受賞。

カウントが悪い場面、ランナーを背負った場面でも“まずは速球”で勝負できる度胸と球威。セイバーでみても各項目でリーグを代表するレベルの結果を残している。

今季開幕には間に合わないとのことで、実戦復帰は3月中旬の予定。

慌てず焦らず万全の状態で復帰して欲しいものです。

それでも一番に名前を挙げたくなるのは、対ジャイアンツ6戦5勝巨人キラーっぷり。

打線の厚みが増した2019ver.の巨人打線にも堂々のピッチングを期待!!

 

 

 

 

2.阪口 皓亮投手!!

www.baystars.co.jp

難しい漢字ですが“こうすけ”と読むんです、186センチの長身右腕。投球モーションのトップの位置で、片肘だけでなくしっかり両肘が持ち上がる豪快なフォーム。ホント一見の価値ありです。カッコイイ!!

高卒1年目ながらファームでは17試合に先発し、打たれても歩かせても、それでも投げさせて実戦教育。期待の大きさがしっかり伝わります。U-23ワールドカップにも見事選出され、球団以外からの評価も◎

昨年100イニング以上投げたのが東くんのみという先発陣からウィーランドも抜けた事情を踏まえたら、チャンスは充分めぐってくるかと。

150km/hオーバーの速球と、割とひどいコントロール荒れ球を武器に、一軍のマウンドでひと暴れしてもらいたい!!

 

 

 

 

3.飯塚 悟史投手

www.baystars.co.jp

続いて長身右腕のちょっと先輩のほう飯塚投手。けっこう先輩の国吉投手、まあまあ先輩の三上投手もいますが、共通点は割とひどいコントロール荒れ球!!

しかしながら下半身強化に取り組み、その結果左足を2回上げるモーションにたどり着いて制球力アップ!130km/hちょいだった速球も平均値が大幅にアップ!とのこと。

春季キャンプのこの時期に140後半がポンポン投げられるんだから、これは期待できそうです!

もともと打撃フォームの美しさに定評のある野球センス溢れるタイプなので、成長曲線はチーム1なんじゃないかなと。本家2段モーションの三浦コーチも絶賛の新フォームがはまれば面白いですよー!!

 

※審判にきっちり一礼する打席での佇まいと、三割ぐらい軽く打てそうな打撃フォームにも注目してください!!ほんと坪井コーチの現役時代くらい打ちそうなんだよなぁ…

 

今回は3人先発陣から紹介しましたが、次回は救援陣から3人ピックアップしてご紹介させていただきます。